1. TOP
  2. ED
  3. 団塊の世代のED事情:若者にもEDが増えているらしい・・・。

団塊の世代のED事情:若者にもEDが増えているらしい・・・。

団塊の世代のED事情

団塊の世代のみなさん、そうではない50代・60代・70代・80代以上の皆さん、こんにちは”アキラ”です。

AGAを基本としたハゲ問題、勃起不全のED問題は、団塊の世代の中心的な悩みかもしれません。

昨今、EDに悩む男性が増えてきていますので、何回かに分けてEDについて紹介したいと思います。

EDとは

EDとは勃起不全とも呼ばれ、勃起機能の低下を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。

中高年による加齢による肉体の衰え、暴飲暴食が原因による肥満などが原因でしたが、最近では若い年齢層(弱年層)にもED患者が増えています。

草食系男子という言葉が巷に溢れているようですが、ガツガツしない大人しい男性を指した言葉だそうです。

この言葉の中にはセックスに対して淡白または興味を持たない男性も含まれています。

しかし、その中にはセックスは興味あるけど過去に失敗した事でトラウマとなってしまった男性、AVやグラビアモデルばかりに興味を持ち一般女性に興味を無くした男性も存在するのです。

今回は、

  • EDが発症する原因
  • 発症しやすい人をタイプ別に説明
  • タイプ別の治療方法

などEDの基礎知識を説明したいとおもいます。

高齢者 ED

EDを改善したい

食生活の見直しから治療としての運動も推奨しています。

男性にとって
EDは人に知られたくない、特に恋人や妻には知られたくない疾患の代表的なものです。

EDの治療には時間がかかり時には処方された薬によって一時的に勃起力を高めることが必要な時もあるかもしれません。

処方薬に頼らず如何にEDを克服するのか説明していますので参考になれば幸いです。

私の年代では、個々に増大サプリメントを使っている人は少なくありません。

若い年代の男性の場合、この後の人生で女性と知り合う機会が必ず訪れることでしょう。

その時にEDでチャンスを失うことがないよう早い段階で治療開始することを勧めます。

EDは本人の普段からの節制と努力で改善する可能性の高い疾患です。

世間にはEDを克服した人達が沢山います。

ですから今は落ち込んでいても決して諦めずに治療を続けてください。

その手助けになることが出来れば嬉しい限りです。

EDの初期症状は本人が気づかない

EDは数ある疾患の中で特に人に相談しにくい疾患名ですが、放置して自己回復するのが難しい疾患でもありED治療時期は初期に始めるべきと言われています。

数回程度、セックスは上手くできなかったという人の多くが実はED予備軍と言われ、ED初期症状を理解していないのがほとんどです。

セックスは上手く出来なかった時の言い訳に多いのが

  • 仕事で疲れて満足に勃起できなかった
  • セックスが苦痛に感じはじめた
  • 途中で中折れしてしまった

もちろん、その時だけ上手く出来なかったケースもありますが数回に渡り同じような症状が見られる場合は高い確率でEDを疑う必要があります。

回を重ねるたびに勃起不全が起きる場合は体に問題が起きているか精神的に問題を抱えてしまっているケースがほとんどです。

EDの怖いところは本人自覚なしでもEDの症状が進行することで判断は専門家に委ねる必要があるのです。

高齢者 ED改善

ED治療方法について

ED治療を開始する上で過度の期待は持たないことが治療にあたるうえで大事なことです。

理由としては完治までの時間がかかること、食生活の改善、生活リズムの改善、精神的ストレスの改善など原因を判明させてからの対処方法が違うため完治までにかかる期間にも差が生じるためです。

治療する際に処置方法が判別つきやすいのは下記に挙げる症状の場合

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 肥満
  • 運動不足

これらは治療方法が確立されており薬と日頃の食生活内容を見直すことで改善が期待できます。

逆に完治までの期間が読みにくいのがストレスが原因による場合

  • このケースではひとつのストレスから発症したのか?
  • それとも復数のストレスによって発症したのか?
  • ストレスと別の原因があるのか?

など多岐にわたり原因を探る必要があります。

また、原因がわかっても直ぐに解決しない問題もおおく、カウンセリングを受けながら適切に処方された薬で少しづつ症状を和らげる長期的な治療が必要となる場合もあります。

実際、職場での対人関係やプレッシャーが原因でEDを発症した原因が特定できても生活の糧である仕事を辞めればEDが治るわけではありませんし、職場を辞めることでストレスから解放されても今度は生活面での不安というストレスが新たに起きる可能性もあります。

カウンセリングによって行う処置は多岐にわたりますが、その多くは現在の状況とどう折り合いをつけながら快方に向かうか患者と医師との二人三脚となります。

そのため治療期間も長くなることがおおく早期解決を期待せず地道にゆっくりと治すことを目指していきましょう。

チントレ;自宅で出来るED治療

診察、薬の服用以外にED治療を自宅で行いたい人向けの治療方法が今回の記事の方法です。

至って簡単ですが自宅でトレーニング:チントレをすることでEDを改善する試みです。

まずEDになりやすい男性の原因として老化による血流の減少があり定期的なトレーニングを行うと男性ホルモンが増加します。

この男性ホルモンを増加させてペニスへの血流を増やすがトレーニングによるED治療です。

ここで注意したいのは筋トレと同じメニューを行わないこと、筋トレはハードなトレーニングであり筋肉細胞を一時、破壊します。

破壊された筋肉を修復する、またトレーニングするをくり返すことで筋骨隆々な肉体へと変化しますが、それには時間がかかります。

今回は適度な運動、しかも下半身中心に継続して行うのが目的とした自宅で簡単にできるトレーニングです。

自宅で簡単にできるトレーニングそれはスクワットです。

主に上半身より下半身、特に性器周辺の筋肉を鍛えるのを目的として太もも、お尻周り、股関節周辺の筋肉を動かし血流を良くするトレーニングとしてスクワットが最適です。

スクワットが最適な理由は性器周辺の筋肉、神経が発達している内股周辺の筋肉を鍛えることが可能だから、スクワットの方法については特に難しい動作は必要ありませんが、つま先とかかとをしっかりとつけてゆっくりとお尻を下ろす動作を繰り返します。

回数の目安はヒザに負担がかからない範囲からスタートしてください。

平均的な回数でゆっくり10回1セットを2セットから3セット程度で充分です。

ED改善サプリメント

バイアグラに代表される治療薬

EDの治療薬として有名なの治療薬は下記3つ

医療期間で医師の診断をうけて処方される薬ですが常用薬ではなくセックス前に飲むことを前提とした一時的に勃起力を高める薬です。

間違えて毎日、服用すると副作用がでるケースがあるので注意してください。

セックス前に服用することで衰えている勃起力の持続時間が長くなり途中で中折れなどしにくくなります。

効果は絶大ですが、使用する上でそれなりのデメリットもあります。

まず、体に負担をかけてしまう、特に心臓の弱い人や高血圧症の人が使用する事は禁止されているケースがあります。

そもそも、バイアグラもシアリスも動脈硬化の治療薬として研究されたものがEDにも効果があるということで使われるようになったものです。

昔は心臓の弱い人がニトログリセンを飲んで性行為したという報告もありますが血管を一時的に膨張させて行為を行うので常用すると血管、心臓にダメージを与える場合があります。

服用の際に注意するべき点は

  • バイアグラ 服用は行為を行う数時間前
  • シアリス  長時間の持続が期待できる、服用時間は関係なし
  • レビトラ バイアグラより強力

などであり処方前に医師から説明がされるので必ず守るようにしてください。

私のおすすめはゼファルリンです。
精力剤や勃起改善サプリメントはいろいろでていますが、健康を害しては元も子もないので、

  • ロングセラーで愛されている商品
  • 国産商品

安心・安全という観点での商品選びを基本としています。
ゼファルリン

ゼファルリンの口コミ抜粋

  • ゼファルリンとチントレ併用で以前よりも元気がでるようになりました。
  • 勃起時の堅さが全然変わりました。
  • 長さだけでなく、若干太くなったように感じます。
  • 今まで、それなりに勃起に問題はありませんでしたが、不感症でしたが刺激的なセックスができるようになりました

などなど

ゼファルリン

ED治療を開始するための心構え

ED治療開始にあたり覚悟しておくべきことは時間をかけてゆっくりと治療することです。

特に精神的な原因や肥満、生活習慣の改善が原因でEDを発症した場合、治療方法にも個人差があり早急な対処方法は望まない方がよいでしょう。

仮に薬を使って一時的な勃起を維持しても、薬の効果がなければ前の勃起不全の状態となります。

薬を使うのはいざという時の準備としておき普段の生活を見直すことが肝心です。

規則正しい生活リズム、心身のストレスを解消するために新しい趣味や運動を適度にすることでカラダも精神も少しづつ健康に近づきます。
ED治療
ストレスによるEDの場合、まずストレスの原因を探ることから始める必要があります、ストレスの原因は人によって様々であり対人関係でストレスが非常におおく治療の一環として新しい環境での生活や趣味の開拓が有効とされています。

同じストレスでもすでに恋人のいる関係、夫婦関係などの場合、個人ではなくパートナーの協力も必要となります。
お互いが相互理解し協力することでEDからの脱却が可能となります。
この期間中にセックスが上手くできない場合でも落ち込まずに互いに意見交換をして現実を見つめることが必要です。

またセックスが失敗してもパートナーの態度は以前同様に変わらないことを理解できた場合、精神面でリラックスすることができるのでトラウマ解消に進展が得られるでしょう。

生活習慣の乱れでEDになった場合、まず始めに行うことは生活習慣の改善からです。深夜まで起きているリズムを規則正い時間に就寝するようにする。

決められた時間に起きるようにするなど規則正しい生活スタイルに戻すことから始めましょう。

高齢者・団塊の世代のED問題は、今後も紹介していきたいと思います。

団塊の世代のEDについて考える
団塊の世代のED事情:若者にもEDが増えているらしい・・・。
EDになりやすい人、EDかな?と思ったら無料でチェック
試してみるならゼファルリン
ED治療を食生活から見直す
この記事のタイトルとURLをコピーする
”ポチ”っとていただくと今後の励みになります!

にほんブログ村 健康ブログ 60代の健康へ

\ SNSでシェアしよう! /

団塊の世代【アキラ】の注目記事を受け取ろう

団塊の世代のED事情

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

団塊の世代【アキラ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 実はウソ!?EDとマスターベーションの関係

  • ED治療を食生活から見直す:糖尿病改善と一緒のようなもの

  • EDになりやすい人、EDかな?と思ったら無料でチェック:国際勃起不全機能スコアを確認する

  • EDの原因:肥満・糖尿病・高血圧・生活習慣病・ストレス